<!-- もしもアフィリエイトでかんたんリンクを貼る時、 レスポンシブを有効にするためのタグ-->

小説

階段島は七草のために作られたのかもしれない 階段島シリーズ第3作目です。前2作から一転して、今までの主人公 階段島の七草ではなく、現実世界の七草が主人公の話でし ...

コミックエッセイ

想像以上に生きづらい世界に生きている人がいる 5歳の姪が、自閉症スペクトラムと診断されました。食べられないものが多かったり、ご飯の時間になっても食べずに遊んでい ...

マンガ

借金はやっぱり怖い! 学生の頃、友人から毎週モーニングを借りていました。『ナニワ金融道』も連載されていて、「勉強になる」「学生は就職前に読んでおくべき」と言われ ...

ビジネス書

何を選ぶかではなく、いかに集中するかが大切 著者のランディ・ザッカーバーグさんは姓から推測できるように、Facebook創始者のマーク・ザッカーバーグ氏の一族、 ...

小説

設定は突き詰めるとSF的になって、プロットは突き詰めるとミステリ的になる のだそうです。作者の河野裕さんのインタビューによると。 前作の『いなくなれ、群青』は1 ...

小説

「欠点」達の逆襲 男子高校生の七草は、8月のある日、気づくと「階段島」の海岸に立っていて、4日間の記憶を失っていました。階段島は「捨てられた人たちの島」であると ...

大学受験関連

あの時、この勉強法を知っていたら… 東大生の勉強本が何冊も出ています。我が家の高校生も、何冊かもっています。伊沢拓司の『勉強大全』、西岡壱誠の『東大生が教えるず ...

雑学

私は前世、蛇に殺されたのかもしれない 子供の頃、地元のお祭りに、大蛇の見世物小屋が来たことがありました。小屋の中には体長2mほどの茶色の蛇がいて、触ることもでき ...

雑学

現代に置き換えても成り立つストーリー構成が凄い 阿刀田高さんの「●●を知っていますか」シリーズは、難解な古典を阿刀田さんなりの解釈を加えながら、わかりやすく軽妙 ...

小説

多分、多くの人が『コンビニ人間』の主人公 恵子に抱く違和感を、私は多くの会社員に抱いています。 恵子は「コンビニの店員」の枠にはまって生きる方が、「普通の人間」 ...

小説

底抜けのお人好しは尊くさえある  ダメ男たちに騙され続け、北陸の漁港に流れ着いた母子。漁港の焼肉屋で働く母親は、太っているため「肉子ちゃん」と呼ばれています。肉 ...

マンガ

壁の巨人の歩く速度は時速50km、オディハまでの距離は2100km 「ライナー死なない問題」なんて言われてますけど、今回もライナーは死にませんでしたね。雷槍でボ ...