<!-- もしもアフィリエイトでかんたんリンクを貼る時、 レスポンシブを有効にするためのタグ-->

『料理が苦痛だ』を読んで実践したこと

料理が苦痛なら、料理しなければいいじゃない!

この本は、読む人を選ぶ本です。
対象になる人は、「家族のために毎日料理を作っている人」です。
「一人暮らしで自炊はしているけれど、料理が苦痛」な人にとってはあまり得るところがないかもしれませんし、「料理が苦痛すぎて料理していない人」には全く響かない本です。

ですが、この本のターゲット層「家族のために毎日料理を作っている人」が、頑張りすぎて力尽きそうな時に読むと、福音となり得る本です。

料理が苦痛だ

私の最も嫌いな家事は、料理です。

まず、毎日毎日献立を考えるのが苦痛です。
さらに、私の帰宅から部活を終えてお腹をすかせた子供が帰ってくるまで30分。
この30分で夜ご飯を作らなければなりませんが、30分で作れる献立といったら、数が限られてきます。
一方、時間がたっぷり取れる週末に手の込んだ料理をしたいかというと、もう料理を作ることに辟易しているので、せっかくのお休みの日にまで料理に手間をかけたくないと思ってしまいます。
また、料理を作るには食材を買いに行かなければなりませんが、2人暮らしとはいえ、数日分の食材の買い出しでも、なんでこんなにと思うほど重い。
そして、料理をして、食べた後には洗い物が待っています。
洗い物自体はそれほど嫌いではないのですが、冬は手が荒れますし、何より時間がかかります。
ふっと気づくと、20分30分はあっという間に経ってしまっています

苦痛を解消するために、今までにもいろいろな工夫をしてきました。

まず、献立。私にとって最も苦手なのが、毎食の献立を考えることです。
朝食は完全に固定としました。
ご飯と巣ごもり卵とヨーグルト。
余力があれば味噌汁など。
巣ごもりの野菜は、定番のキャベツの他に、もやしやキノコ、玉ねぎなど、その時冷蔵庫に入っている野菜を使って、飽きないようにしています。

問題は夜ご飯の献立です。
ネットでは毎日の献立を提案してくれるサイトは星の数ほどあり、参考にしようとしたこともありますが、どうもうまくいきません。
料理を作るにはその献立に必要な食材をあらかじめ買っておかなくてはなりませんし、時間の制約もあります。
この、「必要な食材をあらかじめ買っておく」というのがたまらなく面倒くさいのです。

今、私は、週に2〜3回スーパーに行き、適当に食材を買い、煮るだけ、炒めるだけ、蒸しただけの簡単料理が中心に料理をしています。
ハンバーグなどの「名前のある料理」は諦めました。

食器洗いも嫌いな家事の一つです。
洗っているうちに、いつの間にか30分くらい経ってしまいます。
食洗機があったら便利なのだと思いますが、今住んでいる賃貸は諸事情あって3年たったら引っ越す予定なので、食洗機の導入は見合わせています。

こうして自分なりの工夫をしているのですが、それでも料理は苦痛です。
毎日毎日死ぬまで続く料理。
子供の頃、母や祖母が「人が作ってくれたものが一番美味しい」と言っていたのを、へー、そういうものかと聞き流していましたが、今や私もその心境です。

そこに『料理が嫌いだ』です。

私としては、「毎日の献立を作りを楽にする画期的な方法」とか、「目からウロコの簡単調理」とか、そう言った内容を期待して、読み始めました。

…期待は裏切られました。いい意味で。

料理が苦痛なら、料理をやめちゃえばいいじゃない!

著者は言います。

料理が苦痛なら、料理をやめちゃえばいいじゃない!

え? いやいやいやいや、だって食べ盛り・育ち盛りの子供がいるし、1品お惣菜を買うならともかく、3食全部買ってきたり外食するとなるとお金がかかるし、栄養だってカロリーだって心配だし太りそうだし、そんなことできるわけないじゃない。

…でも、本当にそう?
確かに、健康や栄養バランスやコストを考えれば、自炊が一番です。
でも、家族はあなたの頑張りに感謝している?
なんであなた一人が家族の健康に責任を持たなければならないの?
それに、一人で家族のために料理しているあなた自身が、料理に疲れて、苦痛に感じているのなら、なんのための料理なの?

一昔前、仕事は歯を食いしばってでも我慢して出社するものでした。
今や、仕事が辛ければ逃げてもいいと言われる時代です。
ならば、料理が辛ければ、逃げてもいいではありませんか。

仕事には休日がありますが、家事や料理には決まった休日はありません。
おまけに仕事には定年がありますが、家事や料理は生きている限り、ずーっと続いていくものです。
そりゃあ、長い人生の途中で心底嫌になる時があってもおかしくありませんよね。

疲れたら、やめてみる。
逃げてもいい。

毎日あるわけではない仕事でさえ逃げていいんだから、毎日休みなしで一生続く料理なんてもっと嫌になって当然だし、もちろん逃げてもいい。

そう考えてみるだけで、気が楽になりませんか?

「料理をやめてみる」ための【準備】

さあ、料理をやめてみよう!

それにはまず準備が肝心。
著者の本田理恵子さんは言います。

準備なんて面倒臭い。
思い立ったが吉日。
今この瞬間からやめたいんだけど。

本当に辛い人なら今すぐやめていいと思いますが、この準備、やってみると意外と奥深いものだったりします。

まず、家にある食材を全部使い切ってしまう「食材デトックス」。
本田さんは、料理は最低5日間はやめてほしいと言います。
そのため、途中でくじけそうになった時のために徹底的に食材をなくしておこう、ということなのでしょう。
調味料まで使い切ってしまった方がいいようです。

そして、「自分の”理想”と家族の”期待”を知る」こと。
本田さんは、あなたの苦痛はもしかしたら独りよがりのものかもしれないと言います。

例えば、お弁当は彩りよく、と頑張っているけれど、お子さんは揚げ物とか煮物とか茶色っぽいものが好きかもしれません。
家族が「おいしい」と言ってくれないと料理する張り合いがありませんが、そもそも自分の好きなものばかり作って、家族が好きな料理を作っていない可能性もあります。
「毎日ご飯を作らなくては」と思いつめていたけれど、家族は意外とそこまでこだわっていなかったり。

そこで、「家ご飯カルテ」で、好きな食材、嫌いな食材、家ご飯で好きなメニュー、嫌いなメニュー、食べたことはないけれどリクエストしたいメニュー、家ご飯が必要ない曜日などを書いてもらうといいと言います。

確かに!
私が子供の頃、豆腐や打ち豆が好きなのになんで家の料理には入っていないのだろうと思っていたら、母が嫌いだったから、ということが判明したことがありました。
逆に、私はうどんが嫌いなのに、なんで土曜日のお昼ご飯はいつもうどんなのだろうと思っていたら、母の好物だったとか。
他にも私はナス漬けやタクアン、ぬか漬けが嫌いなのに、漬物好きの母は毎年漬けては食卓に出す地獄。

早速家族に聞き取ってみたところ…

好きな食材:嫌いなもの以外はなんでも好き
嫌いな食材:セロリ、生姜、パクチー
好きな料理:鮭のオーブン焼き、ぎゅうぎゅう焼き、巣篭もり卵、鶏ハム、人参シリシリ、栗原はるみさんの人参サラダなどなど
嫌いな料理:特になし
食べたことはないけれどリクエストしたいメニュー:スペイン風オムレツ

うちの子はなんでもよく食べる良い子でした。
我が家は朝食は毎日巣ごもり卵、夜ご飯も週に3〜4日は鶏ハム、人参シリシリが食卓に並ぶので罪悪感を感じていたのですが、むしろ好きな料理ならなんの遠慮もなく作り続けられることがわかっただけでも収穫でした。

料理をやめてみる【決断】

最低でも5日はやめてみてほしいと、本多さんは言います。
だいたい1週間もすると、自分が作った簡単なものが食べたいと思えてくるのだとか。

きっとそれくらいの日数で疲れた心が癒されるのでしょうね。

「料理をやめて」からやるべき【実践】

残念ながらこの【実践】には賛同できませんでした。
著者の本多さんはご自分のことを「特に料理が好きなわけではない」と言いますが、少なくとも私の100倍は料理好きな方と思われます。

料理をやめてからの外食は、ハレの料理のネタを探したり、盛り付けを参考にしたり、「研修」だ、と説きます。
また、料理本を読み込んでみたり、料理教室を覗きに行ってみよう、と言います。

いやいや、なんで苦痛な料理から離れたのに、結局料理のことを考えなくてはならないの?

結局本多さんは料理が好きだから、料理から離れている時期でも料理のことを考え続けることができるのでしょう。
私のように、料理がむしろ嫌いな人間は、全身全霊で料理に関することから逃げた方が、休養になると思います。

実際に私は「料理をやめてみた」のか?

結局私は、料理をやめてはみませんでした。
文句を言いながらも、今日も料理しています。

ですが、「料理が苦痛なら一旦離れてみるという選択肢もある」と思えただけでも気持ちが軽くなりましたし、ヘビロテの献立が、むしろ家族から好評なことを知れて、罪悪感がなくなりました。

私が料理をやめなかったのには、いくつか理由があります。

まずはお金の問題。
ほぼ自炊の現在、一人当たりの1日の食費は約850円です。
ですが外食するとなると、一食でこれくらいの金額が飛んで行ってしまいます。
私は食品業界の仕事をしているので外食やお惣菜、ミールキットの原価率がだいたい分かりますが、今の食事の水準を保つには3倍のお金を出しても足りません。

あとは体調の問題。
外食すると炭水化物が多いので、食事後は異様に眠くなって仕事になりません。
また、野菜が少なく油の使用量が多いので、外食が続くと身体の調子が悪くなってしまいます。

でも、この本を読んだことがきっかけで、ミールキットについて調べてみました。
本当に料理が苦痛になる前に、ちょこちょこ利用することで負担を減らせればいいなと思って。

ミールキットを試してみた

ミールキットって、スーパーで売られているものは値段の割に量が少なかったり、バリエーションが少なかったりでほとんど利用したことがなかったのですが、この本を読んで、本当に料理が嫌になった時のために、試してみました。

今回利用したのは、セブンミールです。
ミールキット比較サイトで、コスパが割とよく、日替わりがあって飽きにくく、入会金や年会費がかからなことから選びました。
あと、店舗受け取りなら送料がかからない点もいいですね。

カット・小分け・下調理済みの食材がセットになっていて、炒めたり茹でたりするだけで主菜と副菜の2品が20分程度で完成します。
1人前野菜が120g以上入っているのも嬉しいポイントです。

今回は海鮮八宝菜2人前を購入してみました。
結構野菜が入っています。
チンゲンサイが2袋ありましたが、海鮮八宝菜用のCと、副菜の野菜と春雨の中華スープ用のDと、分かりやすいようにラベルが貼られていました。
ちなみにAは八宝菜ソース、Bは中華スープです。
中華スープは顆粒だしのようなものが添付されていると思っていたので、液体スープが入っていたことに驚きました。

調理手順は結構細かい。
海鮮八宝菜は、まず豚肉を炒めていったん器に取り出してから、タケノコ、人参を炒め、さらにキクラゲ、白菜を入れて炒める、とありますが、豚肉を取り出すのが面倒なので、そのままどんどん炒めていきます。
炒めている隣で、中華スープの準備を始めます。
スープの味見をしてみたところ…味が濃い!
私は薄味が好きで、コンビニの味付けはもともと濃すぎると思っていたのですが、やっぱりミールキットもコンビニの濃い味だった!

急遽八宝菜と中華スープに、もやしとシメジを投下します。
シメジはカットシメジなので、包丁いらず。
せっかくミールキットを買ったので、今日は意地でも包丁は使いません。

ボリューム満点になりました。
これで二人分です。

ですが…
微妙に物足りない。
海鮮ということもあり、タンパク質が少なめだったからでしょうか。
これががっつりお肉系だったらまた違っていたのかもしれませんが、野菜を200gくらい増量したにも関わらず、もう少し食べたい気分です。
副菜がもう1品つくと、ちょうどいい感じでしょうか。

今回セブンミールを利用してみて、やっぱり3日前に注文というのは、自炊と組み合わせるとかえって面倒くさいかもしれないと思いました。
悪くなりやすい肉や青菜の消費サイクルと、ミールキットのサイクルを調整するのは、面倒くさいですね。
当日注文して、当日受け取れるといいのですが。
噂によればローソンフレッシュピックが当日受け取り可能らしいのですが、エリア外なのが残念です。

また、セブンミールは昼便と夕便が選べるので、加工時間に差があり、帰宅時に受け取るなら夕便を選べばより新鮮な食材が配達されるのかと思いましたが、消費期限を見ると昼便も夕便も同じ時間なので、一括で作っているようですね。
とはいえ、野菜は新鮮で、カットしてからそれほど時間は経っていない様子です。

今回試してみて、日常的に利用するほどではないけれど、育児や介護でいっぱいいっぱいの状況になったら、こういったものに頼ってもいいかな、と思いました。
もやしとカット野菜さえ常備しておけば、包丁いらずで増量できることも分かりましたし。


リクエスト受付中です!
記事下のコメント、お問い合わせフォームツイッターのDMなどで、お気軽にご連絡ください。