<!-- もしもアフィリエイトでかんたんリンクを貼る時、 レスポンシブを有効にするためのタグ-->

『アニメ業界で働く』子供がアニメ業界で働きたいと言ったら応援できる?

賃金は安く、仕事はキツそうだけど、理解した上での決断なら応援したい

アニメ製作会社の脱税事件をきっかけに、アニメ業界の賃金の安さが知られるようになりました。
アニメーターや声優の賃金の安さは、以前から囁かれていましたが、製作会社もギリギリの状況なんですね。
とはいえ、アニメ業界に魅力を感じる人は多いことでしょう。
かくいう私も、アニメの制作に携わってみたいと思ったことがあります。
絵が下手なので、一瞬で消えた夢ですが。。。

アニメのクレジットを見ると、様々な業種があることがわかります。
そもそも、昔のセルアニメの時代から比べて、今のアニメはCGを多用しているので、昔よりは様々な作業が必要になっていることは間違いありません。

この本では、アニメ制作に関わる主だった職種について、紹介しています。
実際にその仕事に携わっている方への聞き取りもあるので、イメージしやすくなっています。
中でも音響監督さんは、日本に100人もいない職種だそうですので、貴重な情報ですね。

印象的だったのは、どの職種に進んでも、単に絵が上手い、技術がある、だけではなく、アニメ以外のものに触れたり、経験があることが求められていること。
やはり感性というものは、自分の中にどれだけ多くの引き出しを持っているか、多くの経験をしているかが重要なんだと思いました。

目指す職種になる一般的なルートや、気になる賃金情報もかなり赤裸々に書いてありますが、なかなか厳しい業界のようですね。。。