<!-- もしもアフィリエイトでかんたんリンクを貼る時、 レスポンシブを有効にするためのタグ-->

小説

主人公の性格設定に意味があるのが良かった よくあるお涙頂戴の難病ものかと思って敬遠していました。タイトルも猟奇的で、新人作家がタイトルで釣ろうとしているのかと思 ...

小説

七草はヒモになることを選んだ ネタバレあり、および主人公をディスっているのでファンの方はご注意ください 階段島シリーズ最終巻『きみの世界に、青が鳴る』を読み終え ...

マンガ

エレンは操り人形か否か 久しぶりにエレンの心情が描写されています。 イェレナからジークの「安楽死計画」を持ちかけられたエレンは、フロックにジークの計画に乗るフリ ...

マンガ

物足りない⇒結構おもしろいかも 名作『寄生獣』のスピンオフ作品です。 あらすじ 高校生大量バラバラ殺人を捜査する深見は、第一発見者の高校生・タツキの冷静さに、違 ...

小説

階段島は七草のために作られたのかもしれない 階段島シリーズ第3作目です。前2作から一転して、今までの主人公 階段島の七草ではなく、現実世界の七草が主人公の話でし ...

小説

設定は突き詰めるとSF的になって、プロットは突き詰めるとミステリ的になる のだそうです。作者の河野裕さんのインタビューによると。 前作の『いなくなれ、群青』は1 ...

小説

「欠点」達の逆襲 男子高校生の七草は、8月のある日、気づくと「階段島」の海岸に立っていて、4日間の記憶を失っていました。階段島は「捨てられた人たちの島」であると ...

マンガ

壁の巨人の歩く速度は時速50km、オディハまでの距離は2100km 「ライナー死なない問題」なんて言われてますけど、今回もライナーは死にませんでしたね。雷槍でボ ...

マンガ

立ち位置が変われば正義は牙をむく 暁の鎮魂歌 Linked Horizon 進撃の巨人アニメ第3期 Part.1のエンディングの一節ですが、まるでこれからの展開 ...

小説

生きているうちに、面倒くさがらずに、照れずに、想いを伝えておこう 一生に一度だけ、死者との再会を叶えてくれるという「使者(ツナグ)」。ツナグの仲介のもと再会した ...

マンガ

違和感を鍵に、進撃の巨人を読み解く 諌山先生は伏線の張り方が本当に上手だと思います。 私は12巻までを一気読みしたので、そこまでは深く考察することなく読み進めて ...

マンガ

まさかのコニー主人公説 タイトルの「矜持」は、今回の内容からはちょっとピンと来ませんでした。広辞苑によれば「矜持」の意味は「自分の能力を信じていだく誇り。自負。 ...