<!-- もしもアフィリエイトでかんたんリンクを貼る時、 レスポンシブを有効にするためのタグ-->

小説

生きているうちに、面倒くさがらずに、照れずに、想いを伝えておこう 一生に一度だけ、死者との再会を叶えてくれるという「使者(ツナグ)」。ツナグの仲介のもと再会した ...

「東大生の本棚」で紹介された本

「先生」とは、人が自ら学ぼうとするときの触媒である 私は「先生」と呼ばれる人たちが嫌いです。卒業式に教師への尊敬を強要するかのような『仰げば尊し』を歌わせるとこ ...